どこかに吹く風

どこかに吹く風

あんなことこんなこと、笑って吹き飛ばそっ。

久々のドラマ

こんにちは。“はる”です。

 

ブログ開始から、7日目。

毎日更新しよう、という目標は、あえなく挫折・・・。

まさに「三日坊主」となってしまいました(^^;)

 

子どもの頃から映画が大好きだった私ですが、

ここ数年は、なかなか映画館に行くことすらできず。

今じゃ、ド田舎暮らしで、近くに映画館はありません(T_T)

 

映画に負けず劣らず、テレビドラマも昔から好きでした。

テレビもここ数年、観る時間は減少傾向にありましたが、

そんな私が、久しぶりにテレビドラマにはまりました!

今週ついに最終回を迎える『リバース』です。

真犯人は誰なのか・・・・? 

ぜっんぜんっ、わ・か・り・ま・せ・ん・・・。

金曜日が待ち遠しくて待ち遠しくて、たまりません。

原作者の湊かなえさんは、“イヤミスの女王”と言われる作家さんだそうですね。

だから、やっぱり、あと味悪~~い、エンディングになるのでしょうか。

 

主演の藤原竜也さんの、昭和のオタク青年っぽい役柄。

あの演技が、どうもね・・という意見も聞きましたが、

私は結構好きです。 ああいう感じ。

衣装の、ダサさ加減も絶妙ですね。

今どき、どこで、あんなシャツとかセーター、売ってるんだろう・・・。

とか、住んでるアパートの古っちさも、すごくて。

トーリー以外でも、楽しめるところ満載です。

 

出演者の中で、思わず見入ってしまうのは、

武田鉄矢さん、そして、片平なぎささん、のお二人。

武田鉄矢さんは、もう、なんといっても、

私、ばっちり「金八先生」世代ですからね~。

それから、「101回目のプロポーズ」も。

今回の小笠原という元刑事役での、ヨレヨレとくたびれた感じが、

なんともいえません。

 

それから、片平なぎささんは、言わずと知れた

“2時間ドラマの女王”ですよね。

ミステリーでは、バリバリと殺人事件を解決する

頭の切れる女性。

のイメージとは全くちがって、今回の、息子を失った母親役。

大きな悲しみを抱えながら、微笑む表情。好きです。

みかん農家のおかみさん、っていうのもいいですね。

“美人すぎる農婆”とか。あ、“婆”っていうのは失礼ですね。

 

実は、私、湊かなえさんの作品は、

小説もドラマも、これまでひとつも読んでも観てもいませんでした。

毎週楽しみにしていた『リバース』が終わるのはさみしいですが、

今度は彼女の過去の作品も見てみたいと思います!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする