どこかに吹く風

どこかに吹く風

あんなことこんなこと、笑って吹き飛ばそっ。

犬の散歩が苦痛です

こんにちは。“はる”です。

 

わが家には、人間3人の他に、ワンコとニャンコが住んでおります。

運動嫌いな私にとって、毎日2回、朝と夕方の、

ワンコとのお散歩タイムは貴重な時間です。

これがなかったら、ほとんど家の中から出ませんから・・・。

 

田舎暮らしを決めた時、これからは自然いっぱいの環境の中で、

気持ちよくたくさんお散歩できるなぁ、と想像していましたが、

その淡い希望は、すぐに打ち砕かれました。

 

まず、道路のあちこちに、他のおうちのワンコたちの、

お忘れ物が落ちてます。

ほとんどの、飼い主さん、ワンコ用エチケット袋、持ち歩いてませんから。

よくてスコップだけ持っているかな。

はい。スコップだけで袋は無いので、ワンコが用を済ませたモノは、

道路の端っこ、または用水路脇に、エイッ!

とやって、おしまいです。

 

なので、油断していると、よそのワンコのアレを踏んでしまいます。

それが一つや二つじゃないので、散歩道、汚いです。

 

あと、もう一つ、お散歩中に疲れるのが、観光客に遭遇したとき。

休日ともなると、こんな何にもないところにも、

遊びにくる人たちって、結構いるんですよね。

泊りで遊びに来た人たちは、早朝のお散歩を楽しまれる人もちらほら。

 

そういう観光客の人って、たいてい妙にフレンドリーに話しかけてきてくれて。

そう、所さんの番組でやってた(今もやってるのかな?)

「第一村人発見!」みたいな気分なんでしょうか。

 

挨拶くらいはもちろん構わないのですが、

「あそこに見える山はなんていう山ですか?」

「そこの畑に植わってるの、なんの野菜ですか?」

など、質問してくるんですよ。ほぼ100%の確率で。

 

困るんです。

山の名前っていったって。わからない。どこ見渡しても山だらけで。

畑の作物。わかりません。葉っぱの状態じゃ。

せめて、実でもなってくれてたら、お答えできるかもしれないけれど、

でも、実ができてたら、観光客でもわかりますからね。

 

「すみません。わからなくて・・・。」

と、なんで謝らなくちゃいけないのか、モヤモヤしながら言いますと、

「あっ!この辺りの人じゃないんですね?」

って感じの会話になったりして。

 

一応、この辺りに住んでるけど、わからないんだよ・・・。

 

こんなことが、何度も起こるので、

なるべく誰も歩いていなさそうな時間を見計らって、出かけます。

 

それでも、運悪く観光客に遭遇してしまい、

同じような質問をされたなら、最近はもう、ひどいです。私。

「あーー!! 助さん、だめだよーーー!!」

(※助さん=うちのワンコ)

とか言って、

あたかも、急にワンコが走り出したかのような演技をして、走って逃げます。

(もちろん、リードはちゃんと繋いでもってます。)

誰が見ても、ワンコは走ってなくて、わざとらしいけど。

どうせもう、二度と会うことのない人たちだから、大丈夫。

と自分に言い聞かせて。

 

こんな自分、すごいちっちゃい人間だって、わかってます・・・。

情けないです。

 

これまでで、一番情けなかったのは、

お散歩中に私自身が道に迷い、家に帰る道がわからなくなった時。

そこへ車で通りかかった観光客に、

「〇〇川の近くにある△△荘って、どこですか?」

と聞かれたので、

「すみません。わかりません。」と謝ったあと、

私の方が、自宅に帰る道をナビで調べて教えてもらいました。

(当時、スマホ、持ってなかったです。)

 

私に出逢ってしまった、観光客のみなさん。ごめんなさい。