どこかに吹く風

どこかに吹く風

あんなことこんなこと、笑って吹き飛ばそっ。

義母、退院。

こんにちは。“はる”です。

 

約10日間の入院生活を終え、無事退院した義母。

倒れる前より、パワーアップして帰ってきたような・・・。

 

手術後の回復は早かったけれど、大事をとって、やや長めの入院でしたので、

ベッドでじっとしているのは、本人にとっては辛かったでしょう。

 

病室前にあるナースステーションを指しては、

「はるさん、あそこでお金払ってこないと、たいへんなことになるんじゃぁ。」

と、私が行くたびに心配してました。

「なんにも払わずに、泊まらせてもらって、食事まで世話してくれて、いいのかね。」なんてことも。

 

 →ここは、旅館やホテルじゃないんです。病院なんですよ。

  貴方は、倒れてかつぎこまれた病人ですから、お忘れなく。

 →ナースステーションは、会計レジカウンターではありません。

 →治療費、入院費等々は、退院するときに、まとめて支払うから大丈夫。

 

などなど、何度も説明しましたが、最後までイマイチ理解できないまま、退院とあいなりました。

 

なにしろ、倒れて動けない状態で、運び込まれた義母ですから、回復したとはいえ、体力的には衰えているし。

車での移動も、なるべく体に負担のかからないようにしなくては、と、座席のリクライニングとか、足が伸ばせるようにとか、夫と私でいろいろと考えて退院時の手はずを考えていました。

 

病院玄関前に予め移動しておいた車の後部座席に、義母を乗せるべく、ドアを開けて段取りを始めようとすると・・・、義母はヒョイヒョイ自力で乗り込み・・・、

f:id:dokokaniwind:20170715124108j:plain

義母「早く、かえろー。」

まったく、介助いらず。

 

自宅まで約30分の道中も、元気いっぱい。元気すぎる・・・。

私は、用事があって途中で車を降りたのですが、その際も。

 

「はるさん! ちょっと、待った!!」

f:id:dokokaniwind:20170715123513j:plain

 

と、ガッシリと、けっこうなチカラで私の腕をつかんだかと思うと、

「ヒロシ!! わたし、財布もってないから、ヒロシからはるさんに3枚!3枚、渡しておくれ!!」

(※ヒロシ=夫、3枚=たぶん3万円)

 

「いいですよ。お義母さん。いらないですから。」

「そうだよ。これでも一応、家族なんだから。お礼なんていらないよ。」

 ↓

( “これでも、一応” って、なんなのっ?!  )

 

義母「だって、今、渡しとかないと、はるさん、ウチにゃ、寄り付かないから。」

  「次に会う前に、死んじゃうよ。」

 

(・・・すみません。寄り付かなくって。)

 

「大丈夫だよ。ふたりとも、シブトイから。どっちもまだ当分、死なないよ。」

 

この親子は。なにげない会話の中で、無邪気に鬼嫁の私のことをディスってる?

 

付き合いきれませんので、私は、サッサとひとり、車を降りてバイバイしました。

お義母さん、退院おめでとう。

(・・・絵心ありませんが、イラスト入れてみました<m(__)m>)