どこかに吹く風

どこかに吹く風

あんなことこんなこと、笑って吹き飛ばそっ。

不倫疑惑とか不倫騒動とか

斉藤由貴も不倫したんだ・・・。」

昨日、いきなり息子が、残念そうにボソっと呟きました。

 

「あら~、斉藤由貴なんて、よく知ってるわね。」

「うん。最近よくドラマとか出てるよ。」

 

テレビ大好きな息子ですから、最近のテレビ事情は私より詳しい。

「あの人、私と同年代よ。私よりちょっと年上。」

「え~!!?? そうなの??」

なんだよ、悪かったわね。

 

「あの人、けっこう俺、好きなんだけどなぁ。」

そうそう、息子の好きなタイプは、ホンワリした雰囲気で、頬がふっくらした感じなんだよね。

若かりし頃の斉藤由貴さん、まさにドンピシャリなんだろうな・・・。

 

最近は不倫だのなんだのって、芸能界だけじゃなく、政治家とか、そういう人たちのことも、すぐに話題になっちゃってて。

そういう報道をついつい見てしまう私。いろいろ考えてしまいます。(←暇なのよね。)

 

この夏公開になっている映画『昼顔』も、ドラマで放送されてた頃からずいぶん話題になってたようだし。

こういうドラマがうけるってことは、みんな多かれ少なかれ、そういう願望があるってことなのかしら・・・。

 

私なんかは、昼顔より昼寝。そんな暇があったら、昼寝してたいグータラだもの。

だって、ああいうのって、平日の昼間、夫や子供が居ない間に逢瀬を重ねるってことでしょ。(←結局、けっこう見てるじゃん。)

例えば、午前中にすべての家事を済ませて、お昼過ぎから密会。そして、夕方には何事もなかったかのように、スッキリ片付いたオシャレなお家で、学校から帰ってきた子供たちに、手づくりのおやつを出す。(←やっぱり、見てるんじゃん。)

 

できないわぁ。1日中どこにも外出せず家に居たって、夕飯の支度ぎりぎりまで、中途半端な家事しかできてない私には。

夕方、子どもが帰ってきたって、まだ自分も家の中も、モッサリしたまんま。

 

ドラマの中のことはさておき、この頃の不倫疑惑?不倫騒動?って、やれ「手つなぎデート」してたとか、「恋人つなぎ」だったとか・・・。

手をつないでる瞬間がバッチリ写真に撮られちゃってるんですね。

 

スゴイ。なにがスゴイって、手をつなぐって。スゴイ。

私なんか、最後に人間と手をつないだの、何年前だろう?思い出せないわ。

助さん(ワンコ・♂)とマル(ニャンコ・♀)とは、毎日お手手つないでるけど。

(手をつなぐというより、一方的に肉球をぷにゅぷにゅしてる。)

 

それから、「一線」ってやつを、越えただの、いやいや越えてません、だの。

そういう話を記者会見でやりとりしてるでしょ。

もう、一線って、どんな線なのよーーー?

ウチなんかもう、一線どころの騒ぎじゃなくって、家の中じゅう線だらけ。

「ここからこっちは、ワタシのテリトリーだから。誰も入ってはいけません。」

とか、

「ワタシが、新聞読んでるときは、これ以上近づかない&話かけない。」

とか。

それは、夫にも息子にもあって、お互いの線を越えないように、ってのがあるからね。

けっこう大変だし、疲れます。

 

・・・そういう線じゃぁない。あの一線っていうのは。

わかってるに決まってるんだけど、なんだか、こんなことをつい頭ん中で考えてみたりして。ホントに暇なワタシ。

 

じゃぁ、もし、私の夫が不倫しているとしたら。って考えてみると。(←やっぱり暇なんだわあ。)

ない、ない! 

「ウチの夫に限って。」って意味じゃなくって。

 

まず、人材がいないもの。お相手の。

私が住んでる、このド田舎じゃ、そもそもの人口が少ないし、その少ない人口の中でも後期高齢者の占める割合が圧倒的に高い。

それに、総人口よりも野生動物の生息数のほうがダンゼン数が上回ってるはず。

あと、密会するっていったって、そんな場所がないですよ。

すぐにバレちゃうでしょ。民家以外なにも無いし、その民家だって、ほとんどは親世代などと同居型が多いもの。

 

そんな環境の中で、もしも夫が浮気をしていたとしたら、それはもう神の域に達してる。むしろ褒めてあげたいくらい。

 

って、ほんとに。土曜の午前中から、くだらないことをツラツラと書いてしまいました。

自分が情けない。今日は晴れてるから、頑張ってこれから掃除に励もう。そうしよう。