どこかに吹く風

どこかに吹く風

あんなことこんなこと、笑って吹き飛ばそっ。

一生に一度の。

私が若かったころは、1月15日が成人の日でした。

成人式。私も出席したっけ。高校の同級生たちと。振袖で。

 

息子ひとりのわが家。もし女の子がいたら、

やっぱり20歳の振袖。楽しみだな~。

私の親もそんな思いで晴れ着を揃えてくれたのかもしれないけど、

着る本人がコレだからね。

記念写真見るのもつらい。見たことない。

 

ワタシのことはさておき。

成人式の晴れ着姿っていうのは、他人から見てもいいものです。

ほとんどは、着慣れない振袖、履きなれない草履で、歩く姿も初々しくて可愛らしい。

みんな麗しくって。いいぞ~!がんばれ~!って応援したくなっちゃう。

 

 

一生に一度の晴れ姿、といえば、もうひとつが結婚式でしょうか。

ま、最近はもう「一生に一度」なんて言葉は使わないかもしれませんが。

結婚式も一応やりました。こんなワタシでも。

 

結婚式の準備を進めていたある日、ひとつ上の先輩社員(女性)からアドバイスが。

「結婚式というのは、人生の中でたった一度きり、主役になれる日なんだから。絶対に妥協してはだめよ。」

と。

 

ワタシ「は?主役ですか?」

   「で、何を妥協しちゃいけないんですか?」

先輩 「衣装よ衣装。一生で一度きり、この日だけが主役になれる時なんだから!」

・・・延々と熱弁。

 

はぁ。疲れるね。

一生に一度かどうかなんかわかんないし。

主役だ~!どうだ~!とか考えてないし。

てか、私の花嫁姿なんて、自分含めて誰も期待してないし。

 結婚式なんて自己満足以外の何物でもないさ。

 

先輩のアドバイスが鬱陶しくて、そんな返事をしたような。

そしたら横にいた上司が、

「お~い。一生に一度でも結婚できるだけで奇跡だってこと、忘れんなよ!」

って。すかさずツッコんできてくれたなぁ。

 

そうなのそうなの。

だって、親も身内も友だちも、み~んな。

ワタシは絶対結婚なんかしない(できない)って確信してたから。

式に招待した人たちは、コワいもの見たさで参列したんだから。

こんな女と結婚しちゃう男って、どんな人物~?!

ってね。実際、言われたし。それ。

 

そんなもんだよ。

結婚式の写真もビデオも結局一度も見てないよ。

そんなもんだよぉ。結婚式なんて。

 

あれから20ン年。

まだ一度目の結婚、どうにかこうにか継続中であります!